TOEIC おすすめ参考書7選

以前に、目標得点別のTOEIC学習ロードマップをいくつか紹介しました。

しかし「得点別よりも、すでにいくつかの参考書のみに絞って学習を進めたい」という方も一定数いるかと思います。

そこで今回は“全てのTOEIC参考書の中”から特におすすめしたい学習参考書を7つに絞ってご紹介できればと思います。

【TOEIC L&R TEST 出る単特急 金フレーズ】

オススメポイント
・TOEIC初心者から上級者になるまで長く使用できる
・実際の試験でも使えるフレーズから単語を学習できる

TOEICで使用する単語帳はこの1冊で十分です。

持ち運びもしやすいですし、隙間時間をうまく利用して地道に単語を覚えていきましょう。

単語に不安がある方は、まずサッと受験英単語をおさらいしてから取り組んでみても良いかもしれませんね。

【新TOEIC TEST 文法特急】

オススメポイント
・コンパクトにまとまっており、いつでも勉強できる
・とにかく繰り返しの学習に最適

文法書もこの1冊を繰り返し行えば良いと考えています。

しかし、文法に不安を感じている方や詳しい解説がついたものを求めている方は、こちらも超定番書ですが【文法問題 でる1000問】をおすすめします。

文法の基礎の部分に不安を感じている方におすすめの参考書も以下で紹介しております。興味のある方はご覧くださると幸いです。

【TOEIC L&Rテスト 直前の技術】

オススメポイント
・試験直前に取り組んでも、すぐにスコアアップできるTOEICで長く使用できるスキルを身につけることが可能

TOEICの総合解説書(パート1から7まで全てを満遍なく解説している参考書)はたくさん出回っているかと思いますが、自分のイチオシはこの1冊です。

記載されているコツもすぐにできるものばかりで、それでいてすぐにスコアアップを体験できる超優れものです。

単語と文法を一通り学習した後に取り組んでみてください。

【世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試1】

オススメポイント
・TOEIC初心者のためだけに作成された模試
・難しく、実際の試験で解く必要のない問題が全てカットされており、基本問題をとにかく解くことができる

一通り基礎学習が終わった後に、最初の模試として取り組むことをおすすめします。

この問題集は「TOEICで600点を取得すること」を目的に作成されています。

まずは600点を取得できる実力をこの模試で身につけてから、その先の学習に取り組みましょう。

【スコアが上がる TOEIC L&Rテスト本番模試600問】

オススメポイント
・2冊目の模試に最適の難易度正解の見つけ方が詳しく記載された「正解と解説」
・模試の使い方、復習の方法の詳しい解説

先ほどの模試が終わったら取り組んでみましょう。

難易度は2冊目としてちょうど良いかなといった内容になっています。特に解説がとても詳細に記載されていて、復習が非常にやりやすいと思います。

まずはこの模試で平均で600点を取れるようになることを目指しましょう。

【TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル】

オススメポイント
・リスニングに大切な“毎日聞く“習慣をつけるための役に立つ
・ミスをしやすいパート1と2の問題を網羅的に学習可能

600点を平均的に取れるようになってきたら、リスニングも個別に対策をすることをおすすめします。

特にパート1と2は細かなミスが多発するパートです。

パート3と4は模試を繰り返し解くことで、パート1と2は個別に対応することでスコアを上げていきましょう。

【公式TOEIC Listening&Reading 問題集】

オススメポイント
・問題が最も本番の試験に近い
・自分の実力を正確に測ることができる

上でご紹介した2つの模試を終えたら公式問題集に取り組んでみると良いでしょう。

色々な模試を解き始める前に、学習前と学習後のスコアを公式問題集を使用してあらかじめ測っておくと良いでしょう。

【まとめ】

今回は全てのTOEIC参考書の中から特におすすめしたい学習参考書を7つに絞って紹介しました。上から順番に取り組むだけでも十分良いスコアを取得できるかと思います。

今回はこの辺りで失礼します。最後までご覧いただきありがとうございました。