大学生が100万円の貯金を作る方法

こんにちは〜。今回は今年大学4年生になる僕が、どのようにして貯金100万円を達成したのかについて紹介します。

今回の記事でわかること
・大学生が100万円の貯金を作る方法
・僕が貯金をする際に意識していること
・お金を稼ぐ際に気を付けていること

はじめに

まず初めにですが、貯金をするためには「収入が支出よりも多い」状態を常に保つ必要があります。

また、その状態を作るには、

  • お金を出来るだけ使わない
  • たくさん働いてお金を稼ぐ

上記のどちらか、又は両方の条件を満たす必要があると思います。

このことを理解した上で次の話題に進ませていただきます。

現在、何にお金を使用しているのかを把握する

まずは「自分が今、どういった物に対してお金をかけているのか」理解しましょう。

把握するためのツールとして、僕は「moneyforward me」を使用しています。

無理にこのツールを使用する必要はありませんが、細かな分類として、どういったことにどれだけのお金が使用されているのか理解しておくことはとても大切です。

本当に必要なものにのみお金を使えているか確認する

自分がどういった物にお金を使っているのかを理解したら、次に「出費のなかで、本当に必要なもの、また必要ではないものはどれか」を把握しましょう。

僕は昔、イヤホンなどのガジェットを必要以上に購入しており、その額を見返した時にショックを受けました。そしてそれを確認したことによって、良いものを1つだけ残しその他のものは手放す・これ以上購入しないという現在の考え方へと変化していきました。

自身の話が続いてしまいますが、その時に過去の出費を全て見直したことによって、毎月の出費は2-3万円ほど(使用するのは少しのサブスクと友人との娯楽費、交通費、美容室代のみ)に抑えられるようになりました。

もちろんですが、友人関係を捨ててしまったり、日々を修行僧のように生活するなどの無理をしてまで出費を抑える必要は無いと思います。ですが昔の僕のように、同じ用途のものを必要以上に購入したり、ただ見栄を張りたいがために必要以上に高級なものに手を伸ばすといったことは避けることをおすすめします。(実際、周りは私たちが思うほど自分に対して興味は無いので高いものを持っていてもその人に対する評価は変わらないと思います。)

将来的に時給が上げられる仕事・アルバイトを選ぶ

前の章では主に「お金を使わない」ことに注目して貯金について考えましたが、この章では「お金を稼ぐ」ことに注目して貯金を考えてみたいと思います。

自分は今まで「塾講師→家庭教師→エンジニア(フリーランス)」というように仕事(アルバイト)を変えてきました。そしてこれらに共通するのは「他の仕事に比較して、自分の能力によって時給を上げやすい」という点です。

もちろんその他のアルバイト等でも時給を上げることは可能ですし、それぞれ向き不向きがあるかと思いますが、仕事それ自体が自分の能力の向上に繋がり、そうして上がった能力がそのまま給料に直結する仕事を選択することが将来的な面からも良いことと言えるのでは無いかと僕は思います。

これからアルバイトをしようと考えている方はこういったことを頭の片隅にでも入れておいていただけると良いのでは無いかなと思います。

貯めたらそれを運用する経験も大切

最後に、上記のようにして貯金ができてきたら、1万円やそれ以下のお金でも良いと思いますので「投資」を経験してみることをおすすめします。

僕も投資を現在もおこなっていますが、もちろん常に良い結果が出ているわけではありません。

しかし、投資とはどういったものなのかということを低い金額(ローリスク)で学習することができるというのは未来にとってとても良い経験となるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、大学生のうちに100万円の貯金を作った僕がどのようにしてお金を貯めるのかについて、自分の経験をもとに話させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。また次回の記事でお会いできると幸いです。