【難関大レベル】英語長文参考書

今回も前回同様、英語長文の参考書をいくつか紹介できればと思います。

前置きがかなり短いですが本編に入ります。

【大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス(2 応用レベル・3 発展レベル)】

オススメポイント
・最近の入試の出題傾向に合わせたテーマで構成されている 
・スマホで音声ダウンロードが可能
・レベルにしっかりと合った問題で構成されている

前回紹介した参考書のさらに上のレベルのバージョンになります。

収録されている長文の内容はどれも興味深いものになっていますので、ただ文章を読むだけでもとても面白いかと思います。

レベルとしては少し難しめかなという難易度ですが、挑戦してみる価値はあるかと思います。

【イチから鍛える英語長文700】

オススメポイント
・各設問ごとに詳しい解説
・1文ごとの日本語訳や単語解説など、復習がしやすい構成
・記述問題・要約問題によって長文への理解度が上がる

こちらも以前紹介したシリーズのよりレベルが高いものになりますが、上の参考書(レベル2)より少し優しめかと思います。

語数は全文が700語前後と読み応えのある内容になっていますので、今のレベルよりも上を目指したいと考えている方は取り組んでみると良いかもしれません。

【やっておきたい英語長文700・1000】

オススメポイント
・要約やトピックに関する知識(700)
、アウトライン(1000)など、力になる内容が多くある
・単語や独特の表現など役に立つ知識が豊富

やはり定番書ですよね。レベル感は高めかなといったところです。

解説箇所では段落別に英文と日本語訳が記載されており、段落ごとに音読練習を行うのがおすすめです。

【まとめ】

今回は前回に引き続き、難関大レベルの問題が収録されている英語長文問題集をいくつか紹介しました。

読めば読むだけ長文はすらすら解けるようになります。いろいろな参考書を使用して少しでも多くの問題を解くようにしましょう。

今回はこの辺りで失礼します。最後までご覧いただきありがとうございました。