【jQuery】おすすめの参考書3選

本記事の対象読者
・手軽にサイトへアニメーションを付け足してみたいと考えている方
・jQueryを学習しはじめた方
・HTML CSSの基礎が身についている方

おひさしぶりです〜。

今回は以前のJavaScriptの参考書紹介に引き続き、jQueryのおすすめ参考書を紹介したいと思います。

JavaScriptのおすすめの参考書はこちら↓

早速紹介に入ります〜。

jQuery最高の教科書

☆こんな人にオススメ☆

・jQueryを初めて学ぶ
・実戦で使用できるテクニックも学びたい
・jQueryを使用したページを制作する体験をしたい

1冊目は「jQuery最高の教科書」です。

こちらと次に紹介する「jQuery標準デザイン講座」は内容が似ている箇所が多くありますが、こちらの参考書の方がjQueryの文法について詳しく解説してくれているので「jQueryをはじめて触る」という方にはこちらの書籍をおすすめします。

また、「既にJavaScriptの文法はひと通り学習できている」という方は、この参考書にある文法の内容は新たに学ぶことが少ないと思いますので、2・3冊目に紹介するものを使用した方が良いかなと思います。

jQuery標準デザイン講座

☆こんな人にオススメ☆

・jQueryを使用したアニメーションを作れるようになりたい
・簡単なプログラムの記述から始めて、少しづつステップアップしたい
・ページの作成ではなく、まずはパーツごとをしっかり作れるようになりたい

2冊目は「jQuery標準デザイン講座」になります。

こちらは「ちょっとだけJavaScript・jQueryの文法を学んだことがある」という方におすすめしたいです。

特徴としては、「Level 1 〜 Level 5」まで、それぞれのアニメーションのサンプルを作成しながらjQueryを学べることです。

「ある程度の知識は身についたけど、より具体的に動くものを作ってみたい」と感じている方に使用して欲しい1冊になります。

jQuery 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

☆こんな人にオススメ☆

・実務でjQueryを使用する
・フォームやモーダル、外部サービス(FaceBook・YouTube)との連携など、より実践的なスキルを身につけたい
・サンプルコードだけでなく、そのコードの意味をきちんと理解しながら学習を進めたい

最後に紹介するのは「jQuery 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書」になります。

こちらは上の2冊と比較して、より実践向きな書籍になるかと思います。

こちらの参考書は、実務の際に使用する「メニューやフォーム・モーダルなどに関するプログラム」を紹介・解説してくれており、コードを記述していて悩んだ際に持っておくと解決の手助けになってくれます。

既に文法に関する知識を持っている方はもちろんですが、実務でjQueryを書く必要があるが学習ができていない方にもおすすめできる1冊になっています。

最後に

今回は、以前のJavaScriptの参考書に続いて、jQueryを学習する際におすすめの参考書を3冊ほど紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました〜。また次回もよろしくお願いします。